一字千金(いちじせんきん)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

一字千金(いちじせんきん)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「一字千金(いちじせんきん)」について説明します。

一字千金(いちじせんきん)ってどんな意味?

「一字千金」という言葉について解説していきます。
日常会話や場面においては、あまり使用したり耳にすることが少ない言葉ですので、知らない方や意味が分からない方も多いのではないでしょうか。
非常に立派な文章や文字に対して褒める時の例えとして使われる言葉なので、
誤った使い方をしないようにきちんと理解していきましょう。
また、「一刻千金」や「一諾千金」など非常に良く似た言葉が多く存在しているので、混同しないためにも正しい意味や使い方を把握していきましょう。
「一字千金」という言葉の意味や使い方などを紹介していきますので、是非参考にしてみて下さいね。

一字千金(いちじせんきん)の意味

「一字千金」とは、「文字や文章が非常に立派であること」という意味の言葉になっています。
「一字」は一文字のことで、「千金」は大金や多額の金銭の例えを表していて、一つ一つの文字に大金のような価値があるという意味を込めて使われます。
文字だけでなく文章や書物、詩などが非常に優れていて素晴らしい場合に、褒めたり称賛する際の表現としてよく用いられます。
「一字千金」は、大昔の中国で、呂不韋という人物が呂氏春秋という書物を完成させた時に、「この文章を一字でも添削できた者には千金もの賞金を差し上げよう」と言った話が由来として残されている故事成語でもあります。
プロや大人の文章や書物だけでなく、子供の作文や文字が非常に優れていて素晴らしい場合にも賞賛する表現として、使う言葉です。

一字千金(いちじせんきん)の使い方と例文

・友人の書く文字は一字千金、本当に美しいです。
・この本は一字千金だから、是非一度読んでみてください。
・彼女が書いた作文は、一字千金だ。クラスの全員から褒められていた。
・書道家が書く書物には、一字千金の価値がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。