一大決心(いちだいけっしん)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

一大決心(いちだいけっしん)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「一大決心(いちだいけっしん)」について説明します。

一大決心(いちだいけっしん)ってどんな意味?

「一大決心」という言葉について解説していきます。
文字通り非常に大きなことを決意する時に使われる言葉で、例えば会社の社長が会社の命運をかけて一大決心をするとか、学校卒業後の進路で一大決心など、いずれも人生の中で、大きな決断を迫られる時に使う言葉が多いと思います。しかし最近では、禁酒する時や喫煙する時など、比較的軽い内容で使われることが多いように思います。ここで本来の意味や使い方を紹介していきますので、ぜひご覧になってください。

一大決心(いちだいけっしん)の意味

一大決心とは「非常に重大な決意」という言葉です。
大きな決意を意味し、人生にそう何度もない大きな決断をする際に使用されています。
例えば、「一大決心の末、起業することにしました。」と言う場合、「非常に重大の決意を固め、起業することにしました。」という意味になります。
またそれぞれの熟語の意味は
一大=重大なという意味、名詞(一大決心の場合、決心のこと)の前に付けて、意味を補ったり変えたりする接頭語。
決心=意志を心に決めている事
という意味なので、文字通り重大な決意、人生に二度もないような決意という意味だとわかります。
使用する人によって、重大な意味合いの度合いは変わってくると思いますが、例えば、「今年こそはと一大決心し、痩せると決めた。」という最近よく聞くような、軽い意味合いでは本来使用しないということは、これでわかると思います。

一大決心(いちだいけっしん)の使い方と例文

・一大決心の末、起業することにしました。
・私は、一大決心をして会社を辞め、夢を追う事にした。
・親の会社を引き継ぐため、一大決心し地元に戻った。
・僕は一大決心をし、一人暮らしを始めた。
・私は高所恐怖症だが、一大決心をしバンジージャンプに挑戦した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。