一場春夢(いちじょうのしゅんむ)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

一場春夢(いちじょうのしゅんむ)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「一場春夢(いちじょうのしゅんむ)」について説明します。

一場春夢(いちじょうのしゅんむ)ってどんな意味?

「一場春夢」という言葉について解説していきます。
よく小説や書籍で目にする言葉ですが、あまり日常的には使うことはありませんが、イメージとしては、年配の方が使うことが多い言葉です。
意味や読み方を間違って覚えていると自分がいざ使うときに相手を混乱させてしまったり、誤解させてしまいます。
今回、読み方、意味、例文を踏まえて説明していきますのでぜひご覧になってください。

一場春夢(いちじょうのしゅんむ)の意味

「一場春夢」とは「いちじょうしゅんむ」と読みます。
意味は、ほんの僅かな、短い春の夜の夢のように,はかなく消えてしまう様子をあらわしています。
「一場」とは一つの場所。また同じ場所。ひととき。その場限りを表し、「春夢」は春の夜の夢。
また、人生がはかないことの例えを意味することから、一場春夢は、人生の栄華などは、はかなく消えてしまうことのたとえ。その場かぎりで跡形もない人生のはかなさをいいます。
短い春の夜の、一時のはかない夢は、すぐ覚めてしまうものだという意味を表しています。
類義語は邯鄲之夢(かんたんのゆめ)であり、英語訳すると、extremely empty となります。
extremelyは「きわめて」という意味。
emptyは「虚しい」という意味があります。

一場春夢(いちじょうのしゅんむ)の使い方と例文

・その王様の栄華はまるで一場春夢のようであった。
・彼が家族や友人など全てを犠牲にして手に入れた地位だったが一場春夢にして終わりを迎えてしまった。
・宝くじを購入して今日の当選日までは一場春夢のような日だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。