「DQN」の意味と使い方は?例文を含めて解説!

「DQN」という言葉の意味を正しく理解しているでしょうか?
聞いたことはあるけれど使ったことはないという人も多いのではないでしょうか。
この記事では「DQN」の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、これを機に正確に覚えてみましょう。

「DQN」ってどんな言葉?

「dqn」という表現は、ネット上で見かけることが多いと感じる人が多数いるのではないでしょうか。
英語なのか、それとも造語なのか、気になっている人もいるかと思います。
なぜ、dqnという言葉が発生してきたのか、また、どういう時にこのフレーズやワードが使われるのかはチェックしておくと良いかもしれませんね。
この記事では、「dqn」の由来や使い方、フレーズが登場した背景などについて、詳しく見ていきたいと思います。

「DQN」の正しい意味

「dqn」はネットスラングの一種であり、軽蔑される際に使われることが大半です。
読み方としては、「ドキュン」やそのまま「ディーキューエヌ」が挙げられます。
品がない人や非常識な振る舞いをする人、人に危害を加えそうな人などが、dqnというフレーズで示されています。
2010年頃から、ネット上の掲示板で見受けられるようになりました。
元々は、「目撃ドキュン」という番組から派生したとされ、ドキュンという言葉にdqnのアルファベットを当てたのが由来とされます。
ネガティブな意味合いで使われることが多く、馬鹿にしたり、軽蔑したりするときに利用されることが多いです。
ネット上で登場したワードですが、現在では日常的な会話でもしばしば取り入れられています。

「DQN」の使い方を例文で紹介

・dqnという扱いを受けて、周りの人から馬鹿にされたり、軽蔑されたりした。
・いきなり前に割り込みで車が入ってきたが、ドライバーはdqnなのか。
・ネットでdqnとレッテルを張られた人が、反論する書き込みをしていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。