「間男」とは?意味・使い方・例文を紹介

「間男」という言葉について知っていますか?
この記事では「間男」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「間男」って?

「間男」という言葉について解説していきます。
この言葉を聞くと、あまりよくないイメージを抱くかたも多いかもしれません。最近よく取り上げられる不倫や浮気などでこの言葉を初めて聞いた、見たという方もいらっしゃrのではないでしょうか。
「あの奥さん、間男がいたみたいよ」なんて主婦の井戸端会議で使われていたりするかもしれませんが、この言葉はどんな意味かご存知でしょうか?
間男の意味とは?ここではその意味と使いかたについて、ご紹介します。

「間男」の意味について解説

間男の意味とは、既婚の女性が婚姻関係にあたらない男性と肉体関係を持つこと、またはその男性のことを指して「間男」と言います。
間男という言葉の語源は実は古く、さかのぼること江戸時代くらいから使用されていたそうです。現代と同じ意味で、結婚して夫のいる女性が密かに夫以外の男性と肉体関係を含む男女の関係を持っていることを指していたそうで、「夫婦の間に入ってくる男」から来たとする説が諸説ある中でも有力だそうです。
また間男と同じ意味として、二人の男女が密通するという間柄を指し、「密男」と呼ばれることもあります。
「間」に「男」、文字通りの意味だったんですね。
ちなみに、間男の読み方は、「まおとこ」あるいは「まお」と呼ぶことができます。

「間男」の使い方と例文で紹介

・彼女の間男は1人だけでなく、複数人いるらしい。
・知り合いに間男だと勘違いされ、大変な目に遭ってしまった。
・挙動が不審な妻に、間男の存在を疑う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。