「赤猫」とは?意味・使い方・例文を紹介

「赤猫」という言葉について知っていますか?
この記事では「赤猫」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「赤猫」って?

「赤猫」という言葉について解説していきます。
赤猫は、茶や赤、黄色の虎模様を持つ猫を示す言葉としてよく使われています。
しかし、日本語としてはそうした意味だけではだけではありません。
放火、放火魔を指す俗語や隠語としても使われています。放火と書いて「あかねこ」と読ませる小説や漫画も存在していますし、映画にもなっています。
一般的には、あまり馴染みのある言葉ではないので知らない人も多いのではないでしょうか。

「赤猫」の意味について解説

赤猫はトラネコを示す言葉の一つで、虎模様をした茶や赤、黄色の猫を呼ぶ言葉として広く使われています。
赤猫と呼ばれる猫は、遺伝的にオスが多いようです。
英語では、レッドマッカレルタビーと言います。
しかし、日本語には全く別の意味を示す言葉としても使われています。
放火や放火魔を示す言葉です。このように使われるようになったのは、江戸時代からです。当時、飼い猫に赤い火(炎)を点け、家に放つ放火の手口があったのでそう言われるようになりました。
明治時代頃までは、一般的にも使われていましたが、現代ではあまり使われていません。
小説や漫画などでは時々、使われることがあります。けれど、現代では放火と書いて「あかねこ」と読ませることが多いです。

「赤猫」の使い方と例文で紹介

・可愛い赤猫を飼っているね。
・そのトラネコは赤猫だね。
・お前の家に赤猫を遣わせてやる(放火をしてやる、という脅し)
・赤猫を遣わされたら大変だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。