「花金・華金」とは?意味は一緒?意味・使い方・例文を紹介

「花金・華金」という言葉について知っていますか?
この記事では「花金・華金」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「花金・華金」って?

花金という言葉をご存じでしょうか。
バブルの時代にはよく使われていた言葉なので、バブル時代を経験した方なら懐かしいと感じる言葉ではないでしょうか。
また、バブル時代を知らない世代にとっては新鮮な言葉だと思うので、これを機会にバブルを経験した人は当時を懐かしみながら、バブルを知らない世代は言葉の意味と使い方を知って勉強してみましょう。
例文も乗せるので、使えそうなら使ってみてください。

「花金・華金」の意味について解説

花金とは、花の金曜日の略です。
バブル時代、働き方が変わり土日休みの会社が増えたことと、バブルでお金の使い方が派手になったのをきっかけに仕事終わりの金曜日に次の日を気にせず夜まで飲んで楽しめる日ということで、花の金曜日という言葉が生まれ、花金と略され親しまれるようになりました。

花金は華金とも書かれることがありますが、どちらも意味も使い方も全く同じです。一般的には花金という字のほうをよく使います。

年代によって意味が異なり、バブルを経験した40代以上の世代は花金といえば飲みに行く金曜日を指しますが、40代以下の人だと翌日の仕事を気にせずゆっくり休んで自分の時間を持てる日と解釈する人もいます。

どちらにしても、花金とは翌日の仕事を気にせず飲みに行ったり、ゆっくりしたりする幸せな日のことを指す言葉です。

「花金・華金」の使い方と例文で紹介

・花金だから今日はたくさん飲みにいこう
・今日は花金だから、残業せずに帰ろう
・花金だから今日は夜中まで家でゲームを楽しもう
・漫画喫茶に行って花金を楽しもう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。