「能天気」とは?意味・使い方・例文を紹介

「能天気」という言葉について知っていますか?
この記事では「能天気」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「能天気」って?

「能天気」という言葉の意味を解説していきたいと思います。
よく耳にするこの「能天気」という言葉は、空の天気の事ではありません。日常会話の中で、ボヤッとしている人や様子に対して「能天気なやつだ」等と言った使い方をしますよね。実はこの「能天気」という言葉は古くからあり、江戸時代の書物には既に使われていた様です。現代だけではなく江戸時代にも能天気な方はいらっしゃった様ですね。さて、この言葉ですが、私達の認識では「能天気」が正しい表記だと思っていますが、他にも書き方もあるようですね。能天気の意味と一緒にその点についても解説していきます。

「能天気」の意味について解説

ボヤッとしている人、何も考えていなさそうな人、考えが軽薄な人、またその様子を「能天気」と表現したりしますよね。意味はその様子の通りで、呑気で、軽薄、安直な人やその様を表す言葉です。
「能天気」という言葉は、辞書や書物によっては沢山の表記のされ方があり、「脳天気」や「能転機」、「のーてんき」や「ノー天気」という沢山の表記のされ方がある様です。因みにこの「脳天気」は昭和時代後期から使われた表記で、小説家の平井和正が世間に広めた表記だそうです。
類義語としては、安穏、安直、楽天的等があります。
能天気と聞くと、人を侮辱する様な言葉の様にも思えますが、能天気は良く言えば柔軟性な考えを持つ人、難しく考え過ぎない自分のペースを大切にできる人でもあると思います。人をバカにする時だけではなく、人を評価する言葉として使ってみるのも良いかもしれませんね。

「能天気」の使い方と例文で紹介

・彼は能天気だから、あまり怒らないだろう
・普段は能天気な人だけど、仕事になるととても慎重な人だ
・能天気でプラス思考な人だから、よく元気を貰う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。