「私生児」とは?意味・使い方・例文を紹介

「私生児」という言葉について知っていますか?
この記事では「私生児」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「私生児」って?

私生児という何やら古めかしい言葉ですが、このような言葉は最近あまり使われることはありません。
しかし、ドラマや古い小説などにはよく登場する言葉になります。
ドラマや小説でこの言葉を知ったという人も少なくないと思います。
今回はこの私生児という言葉をより深く理解していきましょう。

「私生児」の意味について解説

私生児という言葉は法律上での婚姻関係のない男と女の間に生まれた子供のことであり、総じて子供やその産んだ両親に対して侮蔑的な意味を込めて呼ばれることが多いです。
現在では非嫡出子ということのほうが多くなっています。
この私生児という言葉は昔は俗称ではなく、公式の書面でも使われていることもある古い言葉であります。
法律上婚姻関係にない男と女ですので、不倫関係にあった間に生まれる子供に使われることが多いのですが、細かく言うと結婚届を出していない正式な夫婦間ではない人たちの間に生まれる子供も、私生児と呼ばれるのです。
不倫関係によって生まれた子供だけとは一概に言えないというところが一つのキーポイントであります。
ヨーロッパなどでは宗教上の理由で離婚ができないということが多く、離婚ができないために婚姻関係を結ぶ前に生まれる子供が多いようです。
おのずと私生児の数も増えているヨーロッパの間では、日本とは違いあまり侮蔑しておらず、偏見はない模様です。

「私生児」の使い方と例文で紹介

・私生児として生まれたため、偏見を受けてきた。
・人は見かけによらないもので、あそこの主人は昔私生児を作っていたらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。