「目がハート」とは?意味・使い方・例文を紹介

「目がハート」という言葉について知っていますか?
この記事では「目がハート」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「目がハート」って?

日常会話で時々聞く「目がハート」になるという言葉。
あまり若い世代は使っていない言葉の様に思えますが、昭和生まれの世代の人からはよく聞く言葉だったりします。
例えば上司との何気ない会話の中でふと「目がハートになる」という様な言葉が出てきたときに、ん?とならない様に、言葉の意味や、どういったシチュエーションで使えば良いのかを理解しておくべきです。
今回はこの「目がハート」という言葉についてご紹介していきます。

「目がハート」の意味について解説

「目がハート」とは、自分自身、また他人にとって魅力的な人物や物等に惹かれ、それを見入ってしまっている状態を言います。
「ハート」は直訳すると「心臓」という意味なので、「目がハート」だと「目が心臓」となってしまいますがそれは違います。
「ハート」は好意を示す時によく使われますので、ハートになるというのは心を奪われる、つまり目を奪われてしまうという事です。
昔から、漫画やアニメ等でも、登場人物が何か魅力的なものを目にしたとき(例えば美味しそうな食べ物や、魅力的な異性)に目がハートの形になっていたりしますよね。
そこから、言葉の例えとして、目がハートになるという言葉が生まれたのでしょう。
最近では、スマートフォン等のメールやLINE等でも目がハートになっている絵文字もあります。
魅力的なものや好きな人に目を奪われてしまっている人に対して、使ってみると良いですね。

「目がハート」の使い方と例文で紹介

・好きな◯さんが横切って目がハートになる
・美味しそうな料理が目の前に出てきて目がハートになる
・今日、部活の憧れの先輩見てる時、目がハートになってたよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。