「珍走団」とは?意味・使い方・例文を紹介

「珍走団」という言葉について知っていますか?
この記事では「珍走団」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「珍走団」って?

「珍走団」という言葉について解説していきます。
珍走団という名前の響きだけを聞くとあまり聞き慣れないような感じもあり、ヘンテコな人たちのようなイメージを受ける方も多いかもしれません。
しかし実は私たちの身近にも潜んでいる可能性もあり、存在自体は昔から認知されている集団でもあります。
私たちが普段から目にしているかもしれない「珍走団」の意味について、ここで解説していきたいと思います。

「珍走団」の意味について解説

「珍走団」とは言葉だけの意味を見ると「珍しい走りをする集団」と解釈することができますが、その名の通り公道を変な走り方で通っていく集団、いわゆる「暴走族」の別名として使われています。

主に暴走族を良く思っていない人によって、彼らを揶揄したり蔑称のようなニュアンスで使用されることが多く、ポジティブな意味で使われることはあまりありません。

もともとネットやラジオなどから使われ始めた言葉であり、危険な走行を繰り返す暴走族に対して「暴走族」という名前の響きがアウトローにあこがれを抱かせてしまうのではという観点から、かっこ悪い名前にすることで暴走族にあこがれを抱く人が減るのではと考え、名付けられた名称と言われています。

そのため「珍走団」というワードが出てきた場合には、そのまま「暴走族」のことを指していると解釈することができます。

「珍走団」の使い方と例文で紹介

・かつて暴走族と呼ばれた集団が、今では珍走団として街を走っている。
・ここは夜中になると珍走団が走っていく道だ。
・珍走団を辞めて別の珍走団に入った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。