「根性焼き」とは?意味・使い方・例文を紹介

「根性焼き」という言葉について知っていますか?
この記事では「根性焼き」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「根性焼き」って?

「根性焼き」という言葉について解説していきます。
この言葉は特に昭和の不良全盛期、非常によく使われていました。令和のこの時代、この言葉を知っている人も減ってきたのではないでしょうか。近年はともするといじめにも使われてしまう「根性焼き」、ちょっと怖い言葉ではありますが、少し我慢して正しい意味を知っておきましょう。それでは「根性焼き」という言葉の意味や使い方について、そもそもの語源から解説してみたいと思います。

「根性焼き」の意味について解説

根性焼きとは、火のついたタバコを体の一部分に押し当てること、またそれによって出来た傷跡自体のことをいいます。
なぜ「根性」焼きなのかといいますと、もともとは不良が自分自身の「根性」、つまり我慢強さを示すためにわざわざ自分の体に火のついたタバコを押し付けることを根性焼きと読んでいた為です。
その後、「いじめられて根性焼きされた」という文章のように、他人に対してタバコの火を押し付けても、その傷跡自体のことを「根性焼き」と呼ぶようになっていきました。

一般的に根性焼きは体に残ってしまい、消えることがありません。
従って、例えば「あの人、手の甲にたくさん根性焼きがあるみたいだよ。昔ワルだったみたい」など、その人の過去の想起するとき文面でもよく使われます。
一般的には古き良き不良漫画など以外ではネガティブな印象を持つ言葉であるといえるでしょう。

「根性焼き」の使い方と例文で紹介

・根性焼きを消すための最新技術・
・このクラスではひどいいじめがあり、被害者は根性焼きが体中にされていた
・わたしは不良だったが、女だったので体に傷の残る根性焼きはやらなかった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。