「推しメン」の意味と使い方は?例文を含めて解説!

「推しメン」という言葉の意味を正しく理解しているでしょうか?
聞いたことはあるけれど使ったことはないという人も多いのではないでしょうか。
この記事では「推しメン」の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、これを機に正確に覚えてみましょう。

「推しメン」ってどんな言葉?

「推しメン」という言葉は、近年日常的に使われる言葉のひとつとして定着し始めています。
若い人たちをメインとして、推しメンという言葉が会話の中で、しばしば登場する傾向が強いのではないかと思います。
近年になって使われる機会が増えた印象ですが、広がりを見せた理由やきっかけは何だったのでしょうか。
この記事では、「推しメン」という言葉に関して詳しく見ていきながら、登場した背景などを詳しくチェックしていきます。

「推しメン」の正しい意味

「推しメン」は、主にアイドルグループの中で、誰を推しているのかを表す時に使います。
ファンとして、このメンバーが人気になってほしいという感情であったり、活躍してほしいと思ったりするときによく用いられています。
この推しメンというワードは、AKB48の総選挙が実施されるようになってから、爆発的に広がりを見せた言葉です。
ネットなどでは、「推しメンが上位にランクインした」、「推しメンが1位になった」などと書き込まれる機会も出てきています。
AKBのグループ以外でも、複数人で活動するグループやチームについて「推しメン」というワードを使う頻度が増しています。
同じグループが好きな人同士での会話などでは、特に高い頻度で推しメンのワードが出てくるのではないでしょうか。

「推しメン」の使い方を例文で紹介

・自分の推しメンがアイドルを引退することになって、とても悲しい。
・今度の人気投票では、自分の推しメンが上位に入ることを期待している。
・友達同士で、同じアイドルグループの中で推しメンが誰なのか話していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。