「手前味噌」の意味と使い方は?例文を含めて解説!

「手前味噌」という言葉の意味を正しく理解しているでしょうか?
聞いたことはあるけれど使ったことはないという人も多いのではないでしょうか。
この記事では「手前味噌」の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、これを機に正確に覚えてみましょう。

「手前味噌」ってどんな言葉?

手前味噌とは?という言葉について解説していきます。
私は料理に関係がありそうな言葉ですが、この言葉は、最近ではあまり使われなくなった言葉のひとつだと思います。
言語の初めに使われることが多いですが、恐縮したり、手間を惜しんだりと、使い方は様々ありますが、この言葉について、起源や意味について、
分かりやすく解説していき、意味を理解して、ぜひ使っていただきたいと思います。

「手前味噌」の正しい意味

手前味噌とは、『自分で自分の身内や褒めること、自慢すること』です。
『手前』や『味噌』がなぜ、褒めるような言葉になったのか?その起源について分かりやすく解説していこうと思います
手前味噌の起源は『自分の味噌』、『自家製の味噌』だと言われます。
『手前』とは、自分の前とかという意味で使われるのではなく、元々『自前』、『自家製』という意味で使われてきました。
手前味噌が、『自賛すること、自慢すること』という意味になった由来は、昔は、味噌を各家庭で作っており、創意工夫をして、おいしくなるように工夫を凝らしてきました。
そして『美味しく、工夫された我が家自慢の味噌を食べてみて』と自慢しあうようになったことが起源です。
そのことから、『自分自身を褒めること、自慢すること』という意味で使われるようになりました。

「手前味噌」の使い方を例文で紹介

・手前味噌ですが趣味で続けたいい写真です
・手前味噌ですがうちの社員は、努力家で今回のプロジェクトに奮闘しております
・手前味噌ですが、私の作品が評価されています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。