「御大」とは?意味・使い方・例文を紹介

「御大」という言葉について知っていますか?
この記事では「御大」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「御大」って?

「御大」という言葉について解説します。
この言葉、あまり見慣れない、聞き慣れない言葉ですよね。これは一体何と読むのだろうと思いませんか?「ゴダイ?」「ミダイ?」…どちらとも不正解です。正解は「オンタイ」です。なかなか普段の会話の中で使う事は少ない御大という言葉も、時々テレビやスマホで見たり聞いたりすることがあります。「御大」って何?と聞かれた時にスマートに答えられる様に意味を理解しておきましょう。

「御大」の意味について解説

「御大」の意味ですが、これはグループの長、大将等のリーダーにあたる人へ親しみを込めて使う言葉です。
「御大将」の略語で「御大」と使われています。
使い方としては、大将である人に直接使う言葉ではなく、その大将、リーダーである人がいない場面でその方を指す場合に使います。また「頭(かしら)」や「トップ」等も類義語として使われています。
ここで気をつけておかないといけない事ですが、中には大将、リーダーじゃない人をわざと茶化す意味合いでも「御大」が使われる場合があるので、勘違いや他人を不愉快にさせない様気をつけましょう。また、「御大老」という言葉がありますが、これは「オンタイロウ」とは読みません。これは「ゴタイロウ」と読みます。その点も十分に気をつけながら使っていきましょう。

「御大」の使い方と例文で紹介

・いよいよ御大のお出ましだ
・御大である○◯さんと、チームメンバーの◯◯が深刻な話をしていたようだ
・私は、どうやら私のいない場所で皆に御大と呼ばれているようだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。