「当て馬」とは?意味・使い方・例文を紹介

「当て馬」という言葉について知っていますか?
この記事では「当て馬」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「当て馬」って?

当て馬というと、競争社会やケンカで険悪な状態の話においてよく登場します。そのため何だか腹黒い気持ちになって使う言葉かなという印象もありますが、実際どうなのでしょうか。
そのようなネガティブなイメージのある言葉だと、うかつな使い方をしてしまうと人間関係を険悪にする可能性もあります。誰かをムッとさせたりしないよう、意味合いをよく考えて、正しく状況は伝わるけれどもケンカの助長にならないような文を構成できるようにしたいですね。

「当て馬」の意味について解説

当て馬は、相手の様子や動向を調べるために差し向ける物事や人のことです。相手の懐に真面目に入って行くのではなく、情報を探ってみようという意図で接触して、そこで自分たちの知りたいことに答えが出るよう立てた方針の通りに働くのです。また、そのような物事や人をけしかける戦略のこと自体も当て馬と言います。当て馬と呼ばれる対象がその戦略について知らされていなくて、自分で気づいて自虐気味に用いられる場合もあります。
もともと馬の飼育の世界で、牝馬が子作りするに当たって、子どもを作れるかどうか確かめたり子作りを促したりする目的で牡馬を引き合わせることがあり、その牡馬についてを当て馬と言っています。それがもとになっているのです。

「当て馬」の使い方と例文で紹介

・彼らはちっとも仲良くしようとしないし、よそからの当て馬なんじゃないのか
・真のリーダーというより、当て馬を利用するのが上手い人だ
・長年尽力してきたのに、自分は当て馬として扱われていただなんて知らなかった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。