「座学」とは?意味・使い方・例文を紹介

「座学」という言葉について知っていますか?
この記事では「座学」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「座学」って?

「座学」という言葉について解説していきます。
20年前、30年前にはあまり聞かれることの少なかったこの言葉ですが、ここ数年、街を歩いていると「今日は一日中座学だよ~」という大学生や、「就職初日は座学なんだってさ」という新社会人の言葉を聞くようになりました。
ではこの「座学」という言葉は、一体どのような意味を持っているのでしょうか?
ここでは「座学」の意味や使い方について紹介していきたいと思います。

「座学」の意味について解説

「座学」とは読んで字のごとく「座って学ぶこと」、つまり「学校等の授業をイスに座った状態で学ぶこと」「イスに座ったまま教師の授業を聞いたり、教科書を読んだりして勉強すること」という意味になります。
「座学」は、実験や実習、トレーニングなどで身体を動かしながら学んでいく学習方法の反対語として使われることが多く、「学習したことを身につけるには、座学と実習をバランスよく行うことが大切です」といった文脈で良く見られます。
20年前、30年前は、学校などでの学習方法と言えば「座学」が中心でしたが、ここ数年、実地訓練や体験の大切さが重視されるようになってきました。
そのため、実習や体験学習に反対する言葉としての「座学」が良く使われるようになってきたといえるのではないでしょうか。

「座学」の使い方と例文で紹介

・今日の大学の授業は、全て座学だ。
・会社の歴史を座学で学び、仕事の仕方を体験で学んでいくことが、新社会人にとっては大切なことだ。
・学校の授業は以前は座学が中心だったが、最近は体験型の学習の比重が増えてきている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。