「年少リング」とは?意味・使い方・例文を紹介

「年少リング」という言葉について知っていますか?
この記事では「年少リング」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「年少リング」って?

あまり聞きなれない「年少リング」という言葉について解説していきます。
ごく普通に学生時代までを過ごしてきた方にはあまり聞きなれない言葉かと思います。少しやんちゃに過ごしてきた方には聞いたことのある言葉かもしれません。
「年少リング」と言われたら、「子供用の指輪のことかな」なんて推測されるのではないでしょうか。どんな意味なのかご存知ですか。
私は調べてみて初めてその言葉の意味を知りました。
ここでは「年少リング」というものが一体どんなもので、どんな意味があるのかについて説明していきます。

「年少リング」の意味について解説

「年少リング」とは、過去に少年院に入った過去のある者が指に入れるタトゥーのことを指しています。つまり実際の指輪のことではないです。
「年少リング」の年少という言葉は、少年院からもじり、年少と呼んでいるそうです。
このリングはタトゥー・刺青を指しており、もともとは左手薬指にこのタトゥーを入れ、少年院に入ったことのある人間を区別するために始まったようです。
実はその起源は江戸追放の付加刑として元々始まったと言われています。
現在では別名「鑑別リング」とも呼ばれているそうで、過去に少年院や鑑別に入ったものが「二度と同じ過ちを繰り返さないように」と彫るそうです。
ただ、不良や高校生の間では「かっこいいから」というファッション的な意味や、他人を威嚇する意味でこの「年少リング」を自分自身で彫っている場合も多いようです。
一度入れてしまうと除去手術を施しても完全に消すことは難しいもの。
就職が不利になる等人生への影響も及ぼしかねないので、安易な気持ちで手を出すには少々リスクが大きいものかもしれないです。

「年少リング」の類語として「鑑別リング」という言葉もあるようなので、こちらも知識として押さえておくと良いのではないでしょうか。

「年少リング」の使い方と例文で紹介

・若気の至りで入れた年少リングをごまかすために、絆創膏をしている。
・二度と同じ過ちを犯さないために、年少リングを入れる。
・年少リングの除去手術を受ける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。