「対バン」とは?意味・使い方・例文を紹介

「対バン」という言葉について知っていますか?
この記事では「対バン」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「対バン」って?

なかなか聞きなれない言葉「対バン」という言葉について解説していきます。
実はこの「対バン」という言葉は音楽シーンでよく使われている言葉になるので、音楽関係に携わっていない方や、音楽自体を趣味としていない方には縁遠い言葉だと思います。ですが、言葉は自分の趣味に関係なくメディアや情報として耳にするものなので、この言葉の意味も知っておくと良いでしょう。この対バンという言葉にも使い方が様々あるので、意味を把握しておきましょう。

「対バン」の意味について解説

この「対バン」という言葉は、主に音楽に関係する用語として使われています。バンドという言葉はご存知ですか?バンドは音楽の楽曲を演奏する集団の事を言いますが、対バンというのは「対するバンド」の略語になります。「バンド同士の対決」なる意味もあるようです。何に”対する”のかというと、バンドはライブをするのにワンマン(1組のみでの演奏)で行われる事もありますが、複数のバンド出演でライブを行う事がほとんどです。
その1ステージで2グループ以上の複数のバンドで構成されるライブをする事、もしくはそのライブ「共演者」の事を指します。よくバンドマンが口にするのは、「今日のライブの対バンはどこのバンドだろうか?」ですとか、「今日のライブは対バンライブらしいよ」とかですね。
この対バンライブでも、2組のみの構成のライブを「ツーマンライブ」と呼んだり、3組なら「スリーマンライブ」と呼んだりします。バンド、対バンと聞くとロックのイメージが強いと思いますが、最近アイドルブームがある中で、アイドルグループのライブでも対バンという言葉は使われている様です。因みにですが、音楽フェスの出演アーティストの事を対バンとは呼ばないようです。
音楽ライブに行く時には、何組の対バンからなるイベントなのか、また対バンはどこのバンドなのかをしっかりチェックしておきましょう。

「対バン」の使い方と例文で紹介

・今日のライブの対バンは○○(バンド名)らしいよ
・今度、良ければ是非私達のバンドと対バンをしましょう
・今回出演、対バンの○◯(バンド名)に注目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。