「太客」とは?意味・使い方・例文を紹介

「太客」という言葉について知っていますか?
この記事では「太客」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「太客」って?

太客とは、主に水商売の人たちの専門用語として広まり出した言葉です。
夜の世界の言葉は、語呂や独特の語感がよいことが多く、これも魅力的に響くためかそれ以外の世界の人たちの間からも結構な好意的な目線でもって見られたのではないでしょうか。
加えてこの言葉は、これを作っている語の元々持つ意味合いとつなげて理解することもできるのです。その面白さについても考えてみましょう。

「太客」の意味について解説

太客は、ホストやホステスといった職業の人たちの間で、自分たちに対したくさんお金を使ってくれるお客さんといった意味合いで使われている言葉です。
太っ腹なので太客という理解が一般的です。
そしてそれは、何らかのチャンスがあって一時的に羽振りがいいということではなく、自分の力でずっと太っ腹を続けられる人という本質的なところを見て言っている言葉のようです。

太いという言葉には、日本語としてもともと財産持ちであって豊かであるという意味合いもあります。
太いというワードで真っ先に皆が連想する意味ではなくても、会話の中の端々にその意味合いが挟まれることはありますし、太客という言葉からそのニュアンスを感じ取って連想し、馴染みやすい言葉なので流行したということも言えるかもしれません。

「太客」の使い方と例文で紹介

・実は女子高生がうちの会社のいわば太客と言える
・太客と言える人はやはり大事にする必要がある
・彼はここの太客になりたいと言って頑張ってしまっている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。