「半ドン」とは?意味・使い方・例文を紹介

「半ドン」という言葉について知っていますか?
この記事では「半ドン」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「半ドン」って?

「半ドン」という言葉について解説をしていきます。
一昔前まではよく耳にしていたこの言葉「半ドン」。
最近では官公庁や、一般企業でも週休2日制の職場が増えてきて、なかなかこの半ドンという言葉をあまり聞かなくなってきました。
むしろ、”土曜日”に授業を行うようになってきた学生さん達の方がこのシステムを理解しやすい、もしくは知っているかもしれません。

「半ドン」の意味について解説

「半ドン」というのは、午後から半休、午前中までの仕事の事を言います。土曜日の仕事は半ドンなので、午後まで仕事をして帰宅といったような感じです。
以前は平日は通常通り午前午後まで働いて、土曜日は半ドンで終了というような企業が多かったのですが、最近は週休2日制の企業が増えた為半ドンではなくそもそも土曜日がお休みであることがほとんどです。
中にはまだ半ドンがある企業もありますので、こちらではよく半ドンという言葉を使われていると思います。
半ドンの言葉の由来ですが、辞書に多く記載されているのは半日のドンタク、半ドンタクといった言葉の略語になります。

ドンタクはオランダ語の「zondag」、”ゾンタークが訛った言葉からきていて”「日曜日」や「休日」を意味します。
この「ゾンターク」が訛って「ドンタク」となりました。

これが、半ドンの言葉の意味となります。まだまだ半ドンのシステムが使われている企業にお勤めの方は使い方をしっかり理解して使うようにしましょう。

「半ドン」の使い方と例文で紹介

・今週の土曜日は半ドンだから、午後からみんなで食事にいきましょう。
・先週は半ドンだったけど、今週は通常勤務だから五時まで仕事を頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。