「午前様」の意味と使い方は?例文を含めて解説!

「午前様」という言葉の意味を正しく理解しているでしょうか?
聞いたことはあるけれど使ったことはないという人も多いのではないでしょうか。
この記事では「午前様」の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、これを機に正確に覚えてみましょう。

「午前様」ってどんな言葉?

「午前様」という言葉は、以前から良く使われてきたものとして、幅広い年代の人々から知られています。
若い年代の人は頻繁に使う機会が少ないとされていますが、午前様という言葉の意味を知っている人も比較的多いかと思います。
どのような意味を示しており、どんな機会に「午前様」というワードが使われるのか、改めて見てみると面白いでしょう。
この記事では、「午前様」というワードの成り立ちや、意味、使われ方などに関して見ていきたいと思います。

「午前様」の正しい意味

「午前様」という言葉は、飲みなどで帰りが午前0時を過ぎてしまうことを指しています。
「御前様」というワードをもじってできた言葉であるとされており、しばしば帰りが遅くなってしまう人を「午前様」と表現します。
具体的な定義は特にありませんが、日付が変わってから帰る人のことを午前様と呼ぶことが圧倒的に多いです。
古くから帰りが遅くなってしまう人に向けて使われる言葉として、幅広く定着しています。
若年層の人の間では、あまり午前様というワードの使われる機会が少なく、「オール」などの言葉で代用されています。
この言葉自体は多くの人々によって知られているため、使われる機会も多くなりがちなのではないでしょうか。

「午前様」の使い方を例文で紹介

・宴会がなかなか終わらず、最終的には帰りが終電を過ぎて午前様になった。
・今日は午前様にならないように、飲み会が終わったらすぐに帰るつもりだ。
・いつもつも帰りが午前様になってしまい、家族から怒られてしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。