「出来レース」の意味と使い方は?例文を含めて解説!

「出来レース」という言葉の意味を正しく理解しているでしょうか?
聞いたことはあるけれど使ったことはないという人も多いのではないでしょうか。
この記事では「出来レース」の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、これを機に正確に覚えてみましょう。

「出来レース」ってどんな言葉?

「出来レース」という言葉の意味について解説をしていきます。
この「出来レース」という言葉は、何らかの勝負をするときに使われることが多いです。
賭け事やスポーツなどを含めて、対決と言えるような状況において使われ、基本的にはネガティブな意味合いが強いです。
この言葉を聞いたことがある人は多いのではないか?と思いますけど、具体的な意味を知らない人もいると思います。
したがって、正確な意味について、そして使い方について理解をしていきましょう。

「出来レース」の正しい意味

出来レースとは「明らかに勝負の結果が見えている状態のこと」を指す言葉です。
勝負の結果が見えていることというのは、2通りの意味があります。
1つは勝負をする者やチーム同士の実力差があまりにも離れていて、結果を見届けるまでもなく事前に予想ができてしまうような状況です。
もう1つは勝負に至る前に結果についての話し合いなどが行われており、勝負の結果がどうなるか?が決まってしまっている状態です。
この2つのケースにおいて出来レースという言葉を使うのですが、どちらの意味においても勝負の結果はやる前から想像がつくため、試合や対決を見る意味はないということです。
出来上がってしまったレースという意味合いの言葉であり、どっちが勝つか?ワクワクドキドキできる余地がほぼないレースと言えます。

「出来レース」の使い方を例文で紹介

・あの試合ってやっぱり出来レースだったな
・出来レースは見ていて全く面白さが感じられない
・出来レースというのは八百長並みに全く面白くない試合だな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。