「三下」とは?意味・使い方・例文を紹介

「三下」という言葉について知っていますか?
この記事では「三下」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「三下」って?

「三下」という言葉について解説していきます。
映画やドラマ、アニメなどで喧嘩のシーンでよく聞く言葉かもしれません。
「この三下め!」という形で用いられるもので、言葉そのものは耳にする機会が多いと思います。
しかし、「三下」そのものはどんな意味なのでしょうか。
ここではそんな「三下」について紹介、解説していきます。
意味を知って、作品や台詞への理解を深めてみてはいかがでしょうか?

「三下」の意味について解説

「三下」とは、端的に「下っ端」を意味している者とされています。

元々は博打で使われていた言葉です。
博打で用いるサイコロの目が「三」より下ならば勝ち目がない。
そういった語源であるとされています。

故に、とるに足らない者、勝つ見込みのない弱い者、という意味で用いられることが多い言葉です。
今では博打の外でも用いられ、下っ端、最下層、弱者、格の低い者を指す言葉として使用されています。
また、異例ですが、極道の世界では「三下」を若者や入ってすぐの者、最下級の構成員を指すものとして用いられます。
階級制度の最下点としての使い方もあるようです。

しかし、どちらにしても「三下」は何かに対して「程度の低い者」を意味する言葉として使われます。

「三下」の使い方と例文で紹介

・三下のくせに大見栄を並べるな。
・三下の分際で調子に乗るな。
・姑息なことばかりしているから、彼は三下どまりだ。
・三下の意見なんて、上はどうせ聞いてはくれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。