「ロリショタ」とは?意味・使い方・例文を紹介

「ロリショタ」という言葉について知っていますか?
この記事では「ロリショタ」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「ロリショタ」って?

ロリショタは知る人ぞ知る、性的倒錯世界の言葉です。
ロリの方は、小学生の女児誘拐事件や児童ポルノ禁止法などがマスコミを騒がしたのでご存知の方も多いでしょう。
ロリとはロリータという少女の名が語源。中年の大学教授の、12歳の美少女ロリータへの恋慕を描いた小説のヒロインです。

一方ショタは鉄人28号の正太郎から出ています。
ロリが少女愛好家の男性なら、少年の好きな女性はという疑問から誕生したと言われます。

それではそんなロリショタの怪しい世界へどうぞ。

「ロリショタ」の意味について解説

少女愛好者のロリータコンプレックスと、
少年愛好者のショウタコンプレックスをそれぞれ略しロリコン・ショタコンと呼び、
さらに縮めて合体させるとロリショタとなります。
その意味はかなりの広がりがあり、TPOで使い分けられています。

1.単純にロリコンとショタコンの総称。
2.少女も少年も両方好きな人のこと。
3.少女の様な容姿の少年のこと。これは男の娘(オトコのコ)とも呼ばれます。
因みに男の娘に女装させると女装ショタとなりますが、大人のオカマとは一線を画します。
4.この様な少年や少女が主人公となる性的なマンガ、アニメ、ゲーム、小説などを指すこともあります。

いずれにしても現実世界の少年少女ではなく想像上で作り上げられたキャラクターで、
しかも性欲の対象となっている場合にロリショタが使われます。
くれぐれも現実と混同しないで下さい。

「ロリショタ」の使い方と例文で紹介

・ロリショタは空想だけにしろよ。でないと犯罪になるぞ。
・ロリショタ愛好は、精神的疾患と関係があるのかな?
・ロリショタに目覚めるとは、少々やっかいだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。