「ヤリサー」とは?意味・使い方・例文を紹介

「ヤリサー」という言葉について知っていますか?
この記事では「ヤリサー」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「ヤリサー」って?

ヤリサーという言葉は若者が使っている印象があり、その中身の内容についてはあまり詳しくないという人も多いかと思います。
一昔前はこう言った言葉は広がっておらず、どういう意味かはわからないような年配の人も多いでしょう。
ヤリサーという言葉を聞いただけでは、頭の中にクエスチョンが広がりそのようなことだけでは内容を理解することができなかったのです。
今回はそのヤリサーいう言葉の意味を詳しく掘っていきたいと思います。

「ヤリサー」の意味について解説

まずヤリサーという言葉ですが二つの意味の言葉が合体した言葉であり、”ヤリ”はまず置いておいて”サー”からです。
”サー”はサークルの略語であり、サークルを略して”サー”と呼んでいるのです。頭につくのが”ヤリ”であり、”ヤリ”とは、やれるという言葉を若者らしく”ヤリ”と略したのです。つまりヤリサーとはやれるサークルという言葉の略であり、このやれるという言葉はとにかくセックスができるという意味でセックスがやれるという言葉がサークルとプラスされてヤリサーとなったのです・
このままでは”ヤレサー”になるかと思うのですが、やり目という言葉が別にあり、このやり目という、やることを目的としている意味で、セックスをするということを目的としていることがやり目と略されています。
男性目線から見てやり目というセックスをするという目的を持っているヤリサー。こういった二つの言葉が加わってやれるサークル、やり目の人が集まるサークルを略してヤリサーとなったのです。

「ヤリサー」の使い方と例文で紹介

・テニサーって結局はヤリサーなんでしょ?いや最近ではヤリサーではなくなってるらしいよ。
・彼女がスポーツサークルに入りたいと言ってんだけど、あそこはヤリサーだからやめとけって釘さしといたわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。