「マッチポンプ」とは?意味・使い方・例文を紹介

「マッチポンプ」という言葉について知っていますか?
この記事では「マッチポンプ」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「マッチポンプ」って?

マッチポンプという言葉は、主に仕事のなかでで聞く言葉です。
響きがよい言葉ですが、何となくのフィーリングで意味をとらえていて、本当にはあまり理解をしていないこともあるかもしれません。
ちゃんと意味を分かっていなければいざというときには会話の流れが破綻することはよくありますから、実際のところどういう意味であったのか、再確認してみましょう。

「マッチポンプ」の意味について解説

マッチポンプとは自作自演の問題解決のことを指します。
自作自演行為であるとか、一見いいことをしてくれたようだったけれど、話のタネを見てみれば実は偽善的な行為と分かったというケースなどでよく用いられます。

マッチポンプは、それ自体がもともと一語として成立している言葉ではなく、「マッチ」と「ポンプ」という皆よく知っているワード二語から出来た和製英語です。
マッチは火を灯す道具、ポンプは水汲みなどをするときに使う道具ですね。
1960年代くらいから使われ出していて、もう割に長く皆に馴染んでいるワードと言えます。

「マッチポンプ」の使い方と例文で紹介

・経営が苦しくなった会社がやったマッチポンプ式のビジネスが、明るみに出てニュースになった
・政治家の話の理屈がマッチポンプのようなことばかりに聞こえる
・あまりお母さんが怒ってばかりいると、子はそれを避けるためにマッチポンプ型の行動をしやすくなってしまう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。