「ピンキリ」の意味と使い方は?例文を含めて解説!

「ピンキリ」という言葉の意味を正しく理解しているでしょうか?
聞いたことはあるけれど使ったことはないという人も多いのではないでしょうか。
この記事では「ピンキリ」の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、これを機に正確に覚えてみましょう。

「ピンキリ」ってどんな言葉?

「ピンキリ」は俗世間での流行り言葉「ピンからキリまで」をさらに略した、日常会話むきの言葉です。
一定の年齢以上なら、まず言葉の存在や意味を知らない方はいないと思われますが、その由来まではなかなか答えられないでしょう。
何となく漠然と使っていた「ピンキリ」をしっかり学んで、人との会話に安心して使えるよう役立てて下さい。
ついでに相手にうんちくを説明して、ドヤ顔をしてしまいましょう。

「ピンキリ」の正しい意味

先に述べた通り、ピンキリとは「ピンからキリまで」を略したものです。
よってここでも、正式な言葉について解説します。

意味は「良い(上質な)ものから、悪いものまで」ということです。
つまり、(特に同じカテゴリ内での比較において)質の幅が広く色々で、一言では説明できない様を表しています。

ここで気になるのがピンとキリの由来、そして「どちらがどちらなのか」でしょう。
ピンはポルトガル語のピンタの略で、「点」を意味します。
ここからサイコロの1の目をピンと呼ぶようになり、転じて一級品を指す言葉になりました。
対するキリは当然下級、劣っているものなのですが、こちらの由来は諸説あります。
同じくポルトガル語のクルス=十字架=十、または「限り」がなまってキリになった、などです。
また昔はピンとキリの意味が逆だった時代があるとも言われていますが、現代では言葉の順番どおり
ピンが上物、キリが粗悪で問題ありません。

ピンもキリも、由来が諸説あるとはいえ、略語だったり隠語だったりと、特定の人にしか伝わりにくい単語です。
つまり「ピンキリ」は、略語を使った言葉をさらに略した…という面白さ、気安さがある事に気付いていただけると思います。

「ピンキリ」の使い方を例文で紹介

・プチプラなファッションについて研究する
・プチプラ専門の通販サイトで、ショッピングを楽しむ
・可愛くて、しかもプチプラなアイテムを購入してみたい
・様々なタイプのものが存在するプチプラファッションのトレンド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。