「バタ臭い」とは?意味・使い方・例文を紹介

「バタ臭い」という言葉について知っていますか?
この記事では「バタ臭い」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「バタ臭い」って?

「バタ臭い」という言葉について解説していきます。
この言葉は西洋の方のことを指すのですが意味合いとしては若干差別している意味合いがこの言葉の登場当時はありました。
ですが、時代が進むことで西洋の文化を色濃く継承しているという意味合いとなり、その西洋らしい文化を好むことについてに使用されるようになりました。
その為「バタ臭い」は現在において、西洋の文化を色濃くしているという意味合いとしてもとらえられるようになっています。
ここではその「バタ臭い」という意味や使い方を紹介します。

「バタ臭い」の意味について解説

バタ臭いとは、バターの臭いがする=西洋の文化を色濃くしているという意味合いで使用されます。
バタ臭い=海外ぽっい臭いもしくはデザインという意味合いになり、日本においては漫画などで西洋風の顔の濃い漫画などはバタ臭い漫画という感じで表現されますのでマイナスのイメージというわけではなくなりました。
ちなみに、「バタ臭い」を別の意味合いとして全く異なる意味として使用することもできまして、バタの部分をバッタもん=偽物と表現することでバタ臭いを偽物っぽいという別の表現になる言葉も生まれています。
どちらもバタ臭いというため何を指しているかを確認してからバタ臭いという意味を考えないと場合によっては意味合いが違っている可能性もあります。

「バタ臭い」の使い方と例文で紹介

・この画風はバタ臭いなあ。
・この表現方法バタ臭いが、それが良い。
・この品物バタ臭くないか?
・このアニメ、バタ臭さ満載だね。
・この映画、バタ臭すぎる。
・このシナリオ、バタ臭い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。