「ハイソ」とは?意味・使い方・例文を紹介

「ハイソ」という言葉について知っていますか?
この記事では「ハイソ」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「ヨイトマケ」って?

「ハイソ」という言葉について解説していきます。
この言葉を聞いて連想する意味、人によっては異なるかもしれません。というのも、全く別の意味を2つ持つのが「ハイソ」ということば。
一つ目は「ハイソな食べ物を食べたことがない」という風に使うときのハイソと、「ハイソおりてきちゃうから、ソックタッチが必要なんだよね」という感じで使うときのハイソ。
ではそのハイソの意味とは?使い方を含めて紹介していきます。

「ハイソ」の意味について解説

ハイソとは、実は2つの言葉の略語として使われており、それぞれ全く別の意味を持ちます。
一つ目の意味は、「High society(ハイ・ソサエティ)」を略したもの。つまり、上流階級のことを指し、あるいは上流階級のようなさま、たしなみなど全般を指す言葉として、昭和後半から使われ始めました。たとえば、「ハイソなたたずまい」や「ハイソなエリア」などちょっと高級・ラグジュアリーな雰囲気のあるものを指して使ったりします。
二つ目の意味は、長い靴下を指す「ハイソックス」を略したもの。特に90年代?2000年代初めくらいの女子高生の間では、「ハイソックス」と言わず「ハイソ」という言葉を使われることが多かったです。

「ハイソ」の使い方と例文で紹介

・あのブランドのハイソが超可愛い
・ずいぶんハイソなエリアにお住まいなんですね
・あちらの古城ホテルは、たいへんハイソなたたずまいで気に入っている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。