「ノンポリ」とは?意味・使い方・例文を紹介

「ノンポリ」という言葉について知っていますか?
この記事では「ノンポリ」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「ノンポリ」って?

「ノンポリ」という言葉について解説いたします。
インターネット上で様々な政治に関する言論が交わされる昨今、この単語を目にする機会が増えている方も多いのではないでしょうか。
こういった単語は改めて意味を知る機会があまり多くないので、文中に現れて何となくくらいの理解で意味を感じている場合も多いと思われます。
今回はこの単語の意味について解説いたします。ぜひ最後までご覧ください。

「ノンポリ」の意味について解説

ノンポリとは、「政治的な運動に関心を持っていない人」または「どの政党も支持していない人」を指す単語であり、「政治に対して全般的に関心を持たないスタンスを取っている人物」に対してもそう呼ぶ事があります

これは英語の「ノンポリティカル」を語源としており、学生運動が盛んで若者が政治的主張に関心を深めていた60年代、70年代において、様々な理由で政治的主張を持たない事を選んだ人をそう呼ぶ様になっていきました。

元々は学生運動に参加していた学生達が、それに参加しない学生達を馬鹿にする際によく使われていましたが、現在では自らが政治的な主義主張を持っていない事を表明する為に使われるなど、マイナスイメージで使われる事は減っています。

「ノンポリ」の使い方と例文で紹介

・私はノンポリなので選挙に行かない事を選んだ
・彼はノンポリだからこの国の行く末に関心がないのではないか
・あの映画監督は自分の作品においてノンポリ的な描写をする
・政治に対してノンポリであれば思想に囚われず、一番良い選択ができるだろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。