「ノンケ」とは?意味・使い方・例文を紹介

「ノンケ」という言葉について知っていますか?
この記事では「ノンケ」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「ノンケ」って?

「ノンケ」という言葉について解説していきます。
最近ではおネエの芸能人も大分テレビで見かけるようになり、この言葉を知っている人も少しずつ増えてきているのではないでしょうか。
とはいっても、あまり表舞台、公式な場などでは発せられることの少ない単語ですので、新宿2丁目などと縁のある方以外はあまり日常的には使うことのない単語でしょう。
ここではそんなちょっと特殊な言葉、「ノンケ」について、意味や使い方について紹介していきたいと思います。

「ノンケ」の意味について解説

「ノンケ」とは、一般的にゲイの方から見ての異性愛者、すなわちホモセクシャルでもバイセクシャルでもない方々のことを指します。語源になっているのはゲイの方にとって「その気」がないこと。
英語で否定を表す「NON」と「その気」がくっついて「NON気」、読み方がノンケとなりました。
一般的には男性の同性愛者から見て、異性愛者のことをノンケと呼ぶことが多かったようですが、近年では女性の同性愛者から見て、異性愛者のことをノンケと呼ぶこともあるようです。
他の類語として「ストレート」「ヘテロ」などがあります。
ゲイの方々がよく使う言葉なので、おネエの方などが集まる飲み屋に行った際に聞くことがあるかと思います。

LGBT関連の言葉は使い方によっては人を傷つけることもありますので、注意するようにしましょう。

「ノンケ」の使い方と例文で紹介

・同僚とゲイバーに飲みに行ってみたが、ノンケでも話をするだけで十分楽しめた
・私はゲイ、ノンケの人相手に叶わない片思いをしている
・気になる人がノンケかどうか見分ける方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。