「チーママ」とは?意味・使い方・例文を紹介

「チーママ」という言葉について知っていますか?
この記事では「チーママ」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「チーママ」って?

ここでは「チーママ」という言葉について、意味や使い方などを紹介します。
「ママ」という言葉から、女性を指す言葉ではないかということはわかるかもしれません。
しかし、人によっては日常の中でほとんど登場しない言葉なので、聞きなれないという方もいるでしょう。
この言葉を知っておけば、いざ会話の中に出てきたときに「それ、どんな意味?」などと尋ねなくてもよくなります。
ぜひもしものときのための参考にしてみてください。

「チーママ」の意味について解説

「チーママ」とはクラブやスナックなど、ママのいる飲み屋でママの次のポジションにいる女性を意味する言葉です。
「小さいママ」を縮めたもので、「チーママ」に対し、その上にいるママを「オーナーママ」の意味で「オーママ」と呼ぶこともあります。
ママをサポートしたり、ママの不在時にママの代わりとして対応したり、ママのサブ的な仕事をします。
ただし、ママがいるお店に必ずチーママもいるとは限りません。
また、ママの次のポジションにいるホステスを必ずしも「チーママ」と言うとも限らないので気を付けましょう。
ちなみに、チーママという言葉はほぼ水商売の世界でしか使わないため、多用するとお店に良く通っている人だと認識されることもあります。

「チーママ」の使い方と例文で紹介

・あのお店のチーママはすごく美人だ
・チーママがたまには顔見せにお店に来てって言ってたよ
・チーママとオーママの仲があまりよくないらしい
・チーママもそろそろ自分のお店持ちたいんじゃないの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。