「チャカ」とは?意味・使い方・例文を紹介

「チャカ」という言葉について知っていますか?
この記事では「チャカ」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「チャカ」って?

「チャカ」という言葉をご存知でしょうか。
刑事ドラマや探偵ものなどで耳にしたことがある方もいるかもしれません。
擬音のような響きの言葉で、語感が明るいので、何かポジティブな意味を持っているのではと思うかもしれませんが、知らずに使うととんでもないことになる可能性もあります。
そこでここでは「チャカ」という言葉の意味や由来について紹介します。
ぜひこの記事を参考に知識として身に付けてみてください。

「チャカ」の意味について解説

「チャカ」は拳銃を指す言葉です。
ヤクザや不良の世界では、一般的には出回らないような武器が使用されることがあります。
しかし、日本では拳銃を所持していることは銃刀法違反という犯罪にあたります。
はっきり拳銃と口に出してしまうと拳銃を使っていることがすぐにばれてしまいます。
そこで、裏の世界でのみ通じる言葉として、拳銃を意味する「チャカ」という言葉が使われるようになったのです。
ただし、現在はチャカが拳銃を指すということを知っている一般人も多数いるため、隠語としてではなく、単に拳銃の別称としての面も強くなっています。
また、警察が犯人が所持している拳銃を「チャカ」と話す場合もあります。
なお、語源としては、拳銃を使用する際の「カチャ」という音が由来という説や、外国の刀の名前が由来など、諸説あります。

「チャカ」の使い方と例文で紹介

・犯人はアジトにチャカを隠しているに違いない
・逃亡した男はチャカを持っているらしい
・家宅捜索したところ、引き出しの中からチャカが出てきた
・罪を認めておとなしくチャカを渡すんだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。