「チキンレース」とは?意味・使い方・例文を紹介

「チキンレース」という言葉について知っていますか?
この記事では「チキンレース」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「チキンレース」って?

「チキンレース」という言葉についての解説です。
「チキンレース」と言う言葉を、政治やビジネス、流通関係で耳にする機会はたまにあるかと思われます。
現代では少々古風な言い回しとなっているこの表現、なんとなく意味は知っていても具体的に解説を求められると考えてしまう表現のひとつです。
ここでは、この「チキンレース」という言葉について、その由来や意味、使い方についてご紹介していきます。

「チキンレース」の意味について解説

「チキンレース」は、英語圏の「チキンゲーム」に由来している和製英語です。
チキンゲームは、別々の車に乗った2人のプレイヤーが互いの車に向かって一直線に走行し、衝突を避けるために先にハンドルを切った方が負け、チキン(英:chicken 臆病者のたとえ)と称され屈辱を味わされるゲームです。
死を意味するようなぎりぎりの直前までの選択を肝試すような、見栄や根性の張り合い等、若者が行っている下らないゲームそのものを指す意味合いもあります。
カードゲームのポーカーにも同様な意味合いがあります。
英語圏では、臆病で後戻りができないチキンには、侮蔑の意味が強く、ゲームに限らす、政治・ビジネス・スポーツ・日常生活でよく使用されています。
古い時代の映画にさかのぼると、ジェームズ・ディーン主演映画「理由なき反抗」が有名で、日本でも似たようなゲームを扱った映画やドラマが製作されています。
最近ではその意味のみが、結果に関係なく転用されて使用されることが多いです。

「チキンレース」の使い方と例文で紹介

・チキンレース的な瀬戸際外交とは、ミサイル発射や核兵器開発をめぐる対立を含んだ外交だ。
・世界のファストファッションブランドの価格競争は、さながらチキンレースのよう、常により安価な生産地確保が課題となりつつあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。