「スーパーコンパニオン」とは?意味・使い方・例文を紹介

「スーパーコンパニオン」という言葉について知っていますか?
この記事では「スーパーコンパニオン」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「スーパーコンパニオン」って?

コンパニオンという言葉は世間に広く知られていますし、その仕事内容も大まかではありますが想像できます。しかし、スーパーコンパニオンの意味を聞かれると、はっきりと返答できる人は少ないと思います。
そこで、スーパーコンパニオンがどんな存在で、どんな仕事をしているかを述べていきます。
話題に幅を持たせる意味合いでも、スーパーコンパニオンについて詳しく知ることは知識の向上につながります。

「スーパーコンパニオン」の意味について解説

コンパニオンという言葉はお客さんを接待する女性を指すもので、イベントコンパニオンやパーティーコンパニオンなど役割によって呼び名が変化します。
スーパーコンパニオンは主に旅館の宴会などで接待する女性のことで、お客さんの要望に応えたサービスを行ってくれます。お酒をつぐといった接待だけでなく、ゲームを楽しんだりして場の雰囲気を盛り上げてくれます。
風俗店のような性的サービスはありませんが、露出の高い服装や過激なサービスも可能です。
旅館側が用意してくれたり、派遣会社を通して出張依頼することで利用することができます。どこまでのサービスが可能かは、利用する前に確認しておいた方が無難です。
スーパーコンパニオンは、宴会を盛り上げるうえで欠かせない存在です。

「スーパーコンパニオン」の使い方と例文で紹介

・宴会に欠かせないスーパーコンパニオン
・少し色気がほしいときにはスーパーコンパニオンを呼ぶ
・スーパーコンパニオンを呼ぶときは派遣会社を使う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。