「シノギ」とは?意味・使い方・例文を紹介

「シノギ」という言葉について知っていますか?
この記事では「シノギ」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「シノギ」って?

「シノギ」という言葉について解説していきます。
この言葉、あまり聞き慣れないあるいは初めて聞いた、見たという方も少なくないのではないでしょうか。
というのも、一般の方はあまり日常で使う機会がない言葉だからです。
もしかしたら、ヤクザが出てくる映画でなら聞いたことあるかも!という方もいらっしゃるかもしれません。
そこで、「シノギ」とは一体何なのか説明していきたいと思います。
では、シノギの意味とは一体何を指すのでしょうか。
ここではそんな「シノギ」という言葉や使い方について紹介していきます。

「シノギ」の意味について解説

シノギとは、暴力団社会の用語の一つで、彼らの収入あるいは、その収入を得るための手段のことを意味する言葉です。
あまり一般で浸透していないのは、こういった背景にあります。
このシノギとの由来や語源には諸説あるようですが、有力説として「鎬(しのぎ)を削る」や「糊口をしのぐ」という言葉が語源ではないかと言われています。つまり、激しい戦いや困難を乗り越えて勝ち取ったものという意味合いが含められているようです。
また、一般的にシノギの中身(具体的な資金源)については、みかじめ料(用心棒料)や麻薬の密売、高利貸しのほか、近年では振り込め詐欺やワンクリック詐欺などの元締めから得た違法性の認められる内容まで幅広いようです。

「シノギ」の使い方と例文で紹介

・シノギのために、違法性のある詐欺行為を繰り返す。
・暴力団関係者にとって、飲食店からのみかじめ料徴収は古くからあるシノギの一つだ
・あるヤクザ映画で「シノギ」という言葉を耳にした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。