「クチャラー」の意味と使い方は?例文を含めて解説!

「クチャラー」という言葉の意味を正しく理解しているでしょうか?
聞いたことはあるけれど使ったことはないという人も多いのではないでしょうか。
この記事では「クチャラー」の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、これを機に正確に覚えてみましょう。

「クチャラー」ってどんな言葉?

今回は「クチャラー」という言葉の意味について解説していきます。
このクチャラーという言葉は若者の間でなじみ深い言葉ですので、学生の方なら多くの人が知っている言葉なのではないでしょうか。
ただ30代より上の世代にとってはあまりクチャラーという言葉については聞きなれていないようです。
今回はクチャラーという言葉は何を意味しているのかを解説していきますので、ぜひ最後まで見てみてください。

「クチャラー」の正しい意味

クチャラーというのは食事のときに「クチャクチャ」と口の中の音を鳴らしながら咀嚼する人のことを意味する言葉となっています。
だいたい2004年代くらいから流行り出した言葉で、若者の間で使われることが多かったようです。
なぜクチャラーという言葉になったのかといえば、「クチャ」という咀嚼音と英語圏で「○○する者」を表す「er」が合体して、クチャラーという言葉が出来上がりました。
例えば歌を歌う人はsing(歌)とerを合わせてシンガー、ダンスをする人はdance(ダンス)とerを合わせてダンサーという言葉になりますが、それと全く同じ原理です。
みなさんお察しの通りクチャラーは良い意味では使われません。テーブルマナーが悪く、周りの人を気にせずにクチャクチャと音を鳴らす人物を少々悪く言うような意味で使われます。

「クチャラー」の使い方を例文で紹介

・レストランにクチャラーがいると気になって仕方がない
・クチャラーの人はマナーが悪いイメージがある
・口をあけて食べるとクチャラーになるので、口を閉じて食べた方が良い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。