「キュン死」とは?意味・使い方・例文を紹介

「キュン死」という言葉について知っていますか?
この記事では「キュン死」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「キュン死」って?

今さらながら、「キュン死」という言葉について解説していきます。
TV番組やCMで、若年層を中心に頻繁に使われた「キュン死」。
最近は、その文字数の少なさに対して込められる情報の大きさが重宝され、SNSで頻繁に使用されるようになっています。
かつては、格好良い男の子や可愛い女の子に対して使用されていましたが、最近は保護猫の子猫などの可愛さを伝えるツィッター画像に対しての使用が目立ちます。

「キュン死」の意味について解説

元をただすと「キュン死」と言う表現の語源は、2001~2006年頃別冊マーガレットに連載されていた中原アヤの漫画「ラブ☆コン」の中のセリフと言われています。
格好良い、可愛いものを見た時に、激しく胸がキュンとして死んでしまいそうな気持ちになるという感情表現です。
若年層で流行語となってからいったんは廃れた後、再び使用されており、比較的一般的な使いやすい言葉となっています。
現在使用されている「キュン死」は、以前若い世代のみ使用された流行り言葉ではなく、広い世代で使用されている認知度が高い表現です。
子猫などの愛玩動物の可愛さを例える時等に多用されている共感を呼ぶ表現となっており、単なる流行語ではなくなりつつあります。

「キュン死」の使い方と例文で紹介

・保護猫の子猫たち、可愛すぎてキュン死する!
・笑わない男の思わずこぼれた笑顔にキュン死した!
・合中継でキュン死する女子多数出現

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。