「カメコ」とは?意味・使い方・例文を紹介

「カメコ」という言葉について知っていますか?
この記事では「カメコ」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「カメコ」って?

今回は「カメコ」という言葉について解説していきます。
この言葉はアニメやコスプレ、鉄道などのオタクカルチャーについて詳しい人なら意味がわかるのでないでしょうか。
しかし「カメコ」という言葉を初めて聞く人にとっては、何かのキャラクターの名前か動物の亀が関連している言葉なのだろうと推測する人も多いようです。
今回はそんな「カメコ」という言葉について解説していきますので、ぜひ最後まで確認してみてください。

「カメコ」の意味について解説

カメコという言葉は「カメラ小僧」の略称であり、本来の意味は写真撮影を行う年少者を指すようです。
今の日本においては写真撮影を行う年少者という意味で「カメコ」を使っている人はほとんどいません。

もともと昭和の時代の「カメコ」は純粋に鉄道の写真を撮影したり、建造物の写真を撮影するような年少者を指しており、いわゆるオタク的な要素は全くありませんでした。
しかし平成に入ってからはコミックマーケットなどのイベントでコスプレした女性を撮影したり、アイドルのライブなどで撮影したりする人を「カメコ」と呼び始め、一気にオタク的な要素がプラスされていったのです。
カメコという言葉をきいてオタクなイメージを持つ人は間違いではないのですが、本来の意味としてはただ純粋にカメラで撮影することが好きな年少者を指すのです。

「カメコ」の使い方と例文で紹介

・コミケにはコスプレした女性を狙って多くのカメコが押し寄せてくる
・鉄道からアイドル、イベントコンパニオンなどカメコはいろんなジャンルで存在している
・カメコの人はオタク気質な人が多い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。