「オシャンティー」とは?意味・使い方・例文を紹介

「オシャンティー」という言葉について知っていますか?
この記事では「オシャンティー」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「オシャンティー」って?

「オシャンティー」という言葉について解説していきたいと思います。
主に若者(10代~20代の男女)の間で使われているこの不思議な言葉。若い世代の子達は、オシャンティーと聞けば、即答で意味を答えられると思いますが、お年を召されている方にはわかりづらい言葉ですよね。
ここ最近作られたいわゆる造語の様なものです。…どこか聞き覚えのある言葉だとは思いませんか?
その意味と、語源、使い方等を説明していきます。

「オシャンティー」の意味について解説

「オシャンティー」の語源は「オシャレ」から来ています。オシャレという言葉を更にオシャレに表現した言葉で、オシャレな人や物、様を表す言葉とされています。
最近できた言葉といっても、流行したのはもう古く2011年の流行語大賞になった言葉ですので、あまり頻繁には聞かなくなった言葉ですが、まだまだ使われている方もいるようですね。
この言葉を流行らせたのタレントの指原莉乃さんだと言われています。このオシャンティーと言う言葉を更に略して「オッシャー」という言い方をする場合もあります。
若い世代の子達は”オシャンティーな服装”、”オッシャーなお店”というような言い方をしますが、お年を召された方がオシャレをオシャンティーと表現すると、少し違和感を感じてしまいますね。

「オシャンティー」の使い方と例文で紹介

・オシャンティーな服を着て出かける
・オシャンティーな喫茶店でオシャンティーなランチを食べる
・見て!あの子、オシャンティーな彼とオシャンティーな店に入っていったよ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。