「オサレ」とは?意味・使い方・例文を紹介

「オサレ」という言葉について知っていますか?
この記事では「オサレ」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「オサレ」って?

今回は「オサレ」という言葉について、意味や使用シーンなどを解説していきます。
友達との会話の中で「あの人オサレだよね~」などと聞いたことがある方もいるかもしれません。
あるいは誰かに「君っていつもオサレだね」なんて言われていませんか。
よくわからないまま「そう?」などとあいまいに返していると、なんだか変な空気になってしまう可能性もあります。
ぜひこの記事を参考に、言葉の意味を把握して疑問を解決してください。

「オサレ」の意味について解説

「オサレ」とは「おしゃれ」を語源とする言葉です。
おしゃれという意味なら褒め言葉ではと思われるかもしれませんが、「おしゃれ」は単純に相手のセンスを褒める意味であるのに対し、「オサレ」はそのおしゃれさが、場の雰囲気にそぐわないという揶揄の意味も持っているのです。
例えば、周りの人がラフな普段着である中で、気合の入ったおしゃれをしている場合などに用いられます。
ただし、センスが良くないと相手を貶しているわけではなく、あくまでセンスが良いことを前提として使われることもポイントです。
また、仲間内で冗談のようなニュアンスで使われることもあるため、非難の意味が込められているのか単なる軽口なのかは、この言葉を発する人と発せられた人の間柄にもよります。
なお、軽い気持ちで使うと、相手がバカにされたと感じることもあるので注意が必要です。

「オサレ」の使い方と例文で紹介

・昨日遊びに行ったあいつの部屋、オサレだったなあ
・随分オサレな恰好してるけどどこに行くの
・俺は君ほどオサレじゃないからファッションのことはわからないよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。