「アー写」とは?意味・使い方・例文を紹介

「アー写」という言葉について知っていますか?
この記事では「アー写」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「アー写」って?

「アー写」という言葉は、若年層の間で用いられることが多く、近年よく知られるものとなり始めています。
一言アー写と聞くと、何のことかピンと来ないという人も、いるのではないかと思います。
このアー写と言う言葉はどのような意味があるのか、また、いつ頃から使われ始めたものなのか知りたいという人も多いのではないでしょうか。
この記事では、「アー写」というワードの意味や使い方など、具体的な特徴について詳しく見ていきます。

「ヨイトマケ」の意味について解説

「アー写」は、「アーティスト写真」という言葉を略したものです。
ここ10年ほどで使われる言葉となり、現在は特に若い年代の人たちからしばしば利用されています。
似た言葉としては、ジャケ写や宣材写真などが挙げられるでしょう。
定義としては、まずはアーティストの公式なプロフィールなどに掲載される写真があります。
ホームページなどに掲載されるアーティスト写真などが例となります。
また、CDのジャケット写真を、アー写として指すこともあります。
ジャケット写真とアー写は似た言葉として挙げられるため、こうした活用方法も考えられます。
SNSなどではしばしばアー写というワードが使われており、今後も様々なところで利用されるのではないでしょうか。

「ヨイトマケ」の使い方と例文で紹介

・人気ミュージシャンのアー写が、新しいものに切り替えられていた。
・アー写が格好良かったので、その歌手のCDを初めて購入してみた。
・芸能事務所のホームページには、複数の所属芸能人のアー写が掲載されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。