「アカハラ」の意味と使い方は?例文を含めて解説!

「アカハラ」という言葉の意味を正しく理解しているでしょうか?
聞いたことはあるけれど使ったことはないという人も多いのではないでしょうか。
この記事では「アカハラ」の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、これを機に正確に覚えてみましょう。

「アカハラ」ってどんな言葉?

「アカハラ」という言葉について解説していきます。
この言葉は割と新しい言葉で、「セクハラ」などで使われるハラスメント系の言葉の1つです。
特定の人たちにとって、好ましくない言動などを〇〇ハラスメントと表現することが多くあります。
この言葉はそういった言動をする人たちを諫める意味合いもあります。
この「アカハラ」は使用する、されるシーンというのは特定の人間に限られていますが、該当する人は注意をしてほしいですし、しっかりと把握していきましょう。

「アカハラ」の正しい意味

アカハラというのは「アカデミックハラスメント」という言葉の略です。
主に大学などの教育機関において、その立場を利用して特定の人間に不利益を与えるような言動を意味しています。
その言動によって、精神的苦痛などを感じた場合にはアカハラに該当するとされています。
アカハラというのは教育上の立場を利用した一種の人格権の侵害であるとも言われており、基本的には理不尽な行為であるとされています。
典型的なのは大学の教授が特定の学生をよく思わないことが理由で、差別的取り扱いをするなどのケースです。
その教育機関において、特定の大学生が円滑な学業の遂行を邪魔されているような状況、卒業をすることが困難だと思われる状況があればアカハラと認められると言えるでしょう。

「アカハラ」の使い方を例文で紹介

・理不尽な理由で単位を与えなかった教授がアカハラ認定された
・アカハラを受けた学生が精神を病み、休学をしている
・俺だけに理由もなく強く当たってくる教授はアカハラと言えるだろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。