「アイコラ」の意味と使い方は?例文を含めて解説!

「アイコラ」という言葉の意味を正しく理解しているでしょうか?
聞いたことはあるけれど使ったことはないという人も多いのではないでしょうか。
この記事では「アイコラ」の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、これを機に正確に覚えてみましょう。

「アイコラ」ってどんな言葉?

「アイコラ」という言葉について解説したいと思います。
最近あまり聞くことはなくなりましたが、30代以上の男性であればその言葉の響きに懐かしさを覚える人も少なくないのではないでしょうか?
特にパソコンが普及し、誰もが気軽に画像を取り込んで加工ができるようになった2000年頃に流行りました。
今回は、「そんなワード知らない」という方に向けて、アイコラとはなんぞや?について説明したいと思います。

「アイコラ」の正しい意味

アイコラとは「アイドルコラージュ」の略語です。
そしてコラージュとはフランス語で「糊付け」という意味があり、絵画の技法の一つです。
「アイドル」の「糊付け」ってどういうこと?と思うかもしれませんね。
アイコラとは「アイドルなどの写真を加工し、別の状況に作り替える」ことです。
もっと平たく言ってしまうと、「アイドルの顔をヌードの女性の体と合成してあたかもアイドルがヌードになったかのような写真を作ること」のことなんです。
可愛いアイドルを見ると「ヌードを見たいな」と思うのは男性なら当たり前のことですが、そんな妄想を形にしたのがこのアイコラです。
パソコンで写真を加工するソフトが普及したことで、誰でも簡単に合成写真が作れるようになったため、たくさんのアイドルや女優さんが犠牲になりました。
一時期はネットにたくさんのアイコラ写真がアップされていましたが、最近はあまり見かけることがなくなりました。
最近はアイドル並みに可愛いセクシー女優さんが増えてきたので、わざわざアイドルの写真を合成してヌードにする必要がなくなったのかもしれません。

「アイコラ」の使い方を例文で紹介

・久しぶりに昔の雑誌を見ていたら、アイコラ特集が載っていて胸熱だった。
・昔は時間がたくさんあったから、アイコラ画像を作って遊んでいたものだ。
・男の妄想を形にしたもの、それが「アイコラ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。