「みかじめ料」とは?意味・使い方・例文を紹介

「みかじめ料」という言葉について知っていますか?
この記事では「みかじめ料」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「みかじめ料」って?

「みかじめ料」という言葉について解説していきます。
この言葉を聞くと、なんとなく負のイメージを抱かれる方も少ないないのではないでしょうか。
「おまえのところ、みかじめ料ちゃんとおさめてるのか」なんて使ったりするようですが、みなさんはこの言葉の意味はご存知でしょうか。
みかじめ料の意味とは何か?あらためて聞かれると説明が難しい言葉かもしれません。
ここではそんな「みかじめ料」の意味と由来、使い方について紹介していきます。

「みかじめ料」の意味について解説

みかじめ料とは、もともと暴力団社会用語の一つです。
暴力団関係者が自分たちの勢力範囲、いわゆる縄張り内で風俗営業などの営業を行なっている、あるいはこれから行うものに対し、営業を認める対価として要求する金品のことを指します。
言い換えれば、用心棒料あるいは挨拶料というような役割を果たしており、毎月必ず徴収する暴力団にとっての重要な資金源の一つでもあります。
最近では東京オリンピックを控え、都心の行政では繁華街からの暴力団一掃の動きとして、この「みかじめ料」についての罰則も厳しくするというニュースでご覧になった方も多いかもしれません。
「みかじめ料」の語源には、毎月3日に必ず支払わせるをという説や3日以内に支払わなければ滞納した店舗を締めあげるという説などがいろいろとあるようです。

「みかじめ料」の使い方と例文で紹介

・みかじめ料を支払わないと、何をされるかわからないので払わざるを得ない
・飲食店などから徴収するみかじめ料は、暴力団関係者にとって重要な資金源の一つである

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。