「つんつるてん」の意味と使い方は?例文を含めて解説!

「つんつるてん」という言葉の意味を正しく理解しているでしょうか?
聞いたことはあるけれど使ったことはないという人も多いのではないでしょうか。
この記事では「つんつるてん」の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、これを機に正確に覚えてみましょう。

「つんつるてん」ってどんな言葉?

みなさんは「つるつるてん」という言葉をご存じでしょうか。
つるつるてんと聞いて、何それと思う人が多いかもしれません。
知っていたとしてもつるつるてんというのは、どう意味なのかと聞かれても、うまく説明出来ないなと思う人がたくさんいるかと思います。
なので、「つるつるてん」とはどう使えばいいのか、どういう意味なのかを紹介して、使える言葉になるように解説していきたいと思います。

「つるつるてん」の正しい意味

つるつるてんとは、2つの意味があります。
1つ目は、頭が完全にはげてしまっている状態を指します。
頭がハゲてしまっている人の状態をつるつるな頭がなどと表現するのはつるつるてんからきています。

2つ目は、洋服の丈があってしなくて手足が見えてしまっている状態を指す言葉です。

言葉の由来は、寸法が天よりも釣り上がるという意味から寸釣天(すんつるてん)が訛ってつるつるてんと呼ばれるようになったと言われています。

頭がハゲているというのは、後付けの話なので一般的に浸透しているつるつるてんの意味は寸法のあっていない洋服、特にズボンを履いて足が見えている状態を指す意味となっています。

また、関西ではつるつるてんは、ちんちくりんとも呼ばれたりしています。

「つるつるてん」の使い方を例文で紹介

・スーツのサイズを間違えてつるつるてんになっている
・去年よりも身長が10センチも伸びて制服がつるつるてんになってしまった
・会社員がつるつるてんな格好とはカッコ悪いよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。