「しまパト」の意味と使い方は?例文を含めて解説!

「しまパト」という言葉の意味を正しく理解しているでしょうか?
聞いたことはあるけれど使ったことはないという人も多いのではないでしょうか。
この記事では「しまパト」の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、これを機に正確に覚えてみましょう。

「しまパト」ってどんな言葉?

「しまパト」という言葉について解説していきます。
「しまパト」と口に出して言ってみると何ともかわいらしい響きのある言葉ですが、いったいどのような意味があるのでしょうか。
初めて聞いたという方も多いかもしれませんが、実はもしかしたら、あなたもすでに「しまパト」をしているかもしれません。
どういうことでしょうか。これから「しまパト」の意味や使い方について見ていきたいと思います。

「しまパト」の正しい意味

「しまパト」とは、「しまむらパトロール」を略した言葉です。
「ファッションセンターしまむら」は、低価格が売りの格安衣料品店です。
主に20代~50代の女性やファミリー層をターゲットにしたお店でなんと言ってもその安さと豊富な品揃えから一躍有名、人気になりました。店内はかわいいキャラクターデザインものから高見えするお洋服まで種類豊富でまさに宝探しのよう。
そんな宝探しに夢中になる人たちが登場します。それが「しまむらパトロール隊」です。
しまむらに毎日のように足繁く通い、店内をパトロール、つまり店内を隈なく歩き回り何か掘り出し物がないかチェックする人達です。
“隊員”たちの活動報告はSNSで毎日のように更新されこちらも大人気になっています。

「しまパト」の使い方を例文で紹介

・会社帰りにしまパトしてきた
・3日連続しまパトしてお宝ゲットー!
・このセーターが今日のしまパト戦利品です
・服が欲しいのでまずはインスタの「#しまパト」をチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。