「OEM」の意味と使い方は?例文を含めて解説!【ビジネス用語】

「OEM」という言葉の意味と使い方を知っていますでしょうか?
ビジネスシーンで使われる言葉ですが、正しい理解ができていないという人も多いかと思います。
この記事では「OEM」の意味や使い方について分かりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、最後までご覧ください。

「OEM」の意味と使い方は?

メーカー企業の商談の場や小売業の販促などのビジネスシーンで話題に上がりやすいOEMという言葉について解説します。
現在では多くの業界で聞かれるようになってきている言葉です。
OEM委託側企業における生産コスト削減メリットやOEM受託側の企業の製造量アップによる増益効果など、OEMが双方にもたらす効果についても説明していきたいと思います。
今後も業界ではOEMを利用したビジネスは発展していくはずなので、その言葉をきちんと理解できれば様々なビジネスの場面で役立つはずです。

OEMの意味とは、「Original Equipment Manufacture」の頭文字のアルファベットをとったもので、直訳では「相手先ブランド名製造」ということになります。
実際のビジネスシーンでは、製造を担当するメーカーが他社(OEMの発注元)の名義やブランドの商品を製造することや製造する企業そのものを指します。
OEMにより作られた製品は、発注元がOEMメーカーから仕入れ、自社製品のブランド名等を付して販売します。
OEMの委託側のメリットとしては、製造のみを外部の企業に委託することで、生産にかかる直接的なコストをかけずに、製品の出荷量を維持できることが挙げられます。
その代わりに委託側企業は、製品の企画や販売に人員やコストを割くことができますし、製品在庫を抱える必要もありません。特に多品種を少量販売する場合に大きなメリットを享受できます。
OEM受託側企業のメリットは、OEM生産により全体としての製造量が増えるために利益を向上させることができる点があります。
さらに、OEM委託側企業が、製品の販売や企画に優れた経験が場合、OEM受託側はその製品の製造に関わることで、そのノウハウを得られるメリットもあります。

「OEM」の使い方を例文で紹介

・当社の生産ラインで製造したものを他にOEMとして納品する。

・今期の増益の主な要因はOEM受託により生産量が上がったことによる。

・自社の生産コストを抑えるにはOEMを委託するのが喫緊の課題と言えるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。