「ASAP」の意味と使い方は?例文を含めて解説!【ビジネス用語】

「ASAP」という言葉の意味と使い方を知っていますでしょうか?
エーエスエーピー、アサップ、As soon as Possibleなどということもあります。
ビジネスシーンで使われる言葉ですが、正しい理解ができていないという人も多いかと思います。
この記事では「ASAP」の意味や使い方について分かりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、最後までご覧ください。

「ASAP」の意味と使い方は?

「ASAP」という言葉について解説していきます。
日常会話ではあまり聞き慣れない言葉ですが、ビジネスシーンでは聞いたことのある方や実際に使っている方もおられると思います。
上司や先輩から「ASAPでお願いね」なんて言われたことがある人もいるでしょう。
普段の日常会話ではあまり使わないので、初めて聞いた人は何のことか意味が分からない人も多いと思います。
ビジネスシーンで使われる「ASAP」の意味や使い方を紹介しますので、ぜひご覧になってください。

ASAPは文字通り読むとアサップやエーエスエーピーと読みますが、その読み方を聞いてもまだ意味が分からないと思います。
ASAPは「As soon as Possible」の頭文字を取った略称で、「なるべく早く」「可及的速やかに」という意味になります。
ビジネスシーンでは上司が部下に仕事の指示をする時、すぐにやって欲しい仕事の場合に使われる言葉となります。
丁寧な表現ではないので、同じ会社の上司から部下、先輩から後輩といった上の立場から下の立場の人間へ仕事の指示をする場合に使われることが多いです。
「As soon as Possible」と聞けば、学生時代に英語の時間で習った人は意味が分かる人も多いでしょう。

「ASAP」の使い方を例文で紹介

・プレゼンの資料提出の期日は明日までなので、その資料はASAPで作るように。
・忙しいところ悪いんだけど、お客様からクレームが入っているのでASAPで対応して下さい。
・10分後に打合せが始まるからASAPでその資料コピーして。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。